五月五日(祝)
 
 
毎年五月五日に六所神社、神揃山、逢親場(馬場公園)にて斎行されるお祭り、神奈川県指定無形民俗文化財に指定されております。
平安の御代、都から各国々に派遣された国司は任国に着くとその国の平和や五穀豊穣を祈り国中の主な神々に祈願をしました。
国々の中心は国府と呼ばれ、国司を始め役人が常駐し行政の中心として繁栄しました、国司は国府近くに総社を設けて国の主な神々の御分霊をお祀りし、日々の祈願所といたしましたこれが総社の起源になりました。
そして、相模の神々は一年に一度、国府に一同に集まり、御分霊を相模の総社六所神社に納める事となりました。それと共に、国司と神々が相模の平和と五穀豊穣を祈願し、相模国中の豪族を交えての盛大な祭典が斎行されるようになりました、これが相模国府祭の起源です。
平安の御代から千有余年の歴史を重ね、江戸時代には数日に及ぶ大きなお祭りとして伝えられてきましたが、現在は五月五日終日に渡り斎行され各神社の神輿渡御、様々な神事を始め多くの露店で賑わいを見せます。

御神輿(おみこし)

逢親場祭場(馬場公園)にて5月5日の午後4時、平塚八幡宮の御神輿から順番に、御輿を担ぎ出します。各神社の御神輿(計6基)が夕方5時頃まで担がれます。
※写真の御神輿は六所神社の御神輿です。

 
  鷺の舞(さぎのまい)

毎年5月5日、逢親場祭場(大磯町国府本郷の馬場公園)にて奉演されます。3種の舞により構成され、鷺の舞は天下泰平を、龍の舞は五穀豊穣を、獅子の舞は災厄消除を祈願すると伝えられています。尚、舞台は独特の船の形をしております。
社伝によると、平安時代、国司をはじめ貴族をもてなすための舞であったと伝えられます。
 
  ◆ 参加神社
一之宮 寒川神社
二之宮 川勾神社
三之宮 比々多神社
四之宮 前鳥神社
平塚八幡宮(1国1社の八幡宮・五之宮格)
総社  六所神社
 
 
 
九月初旬
 

毎年、櫛(くし)にちなみ九月四日前後の日曜日に斎行され、午後に大祭式典、夕刻からは神楽殿で奉納演芸が行われます。
境内では露天を始め、六所神社敬神婦人会により、くし団子が販売されます。(1本100円)
また、人形、櫛、並びに家に伝わる古い物等のお焚き上げ祭が行われ、たくさんの人で賑わいます。